Basil Cultivation
バジル
バジル
撮影日時
2017年6月23日

バジル
撮影日時
2017年6月22日
バジルの葉の保存

常温でバジルの葉を、水に付けておくと二日位までならバジルの葉は開いていますが、二日以上水に付けて置くと徐々に茎の下からバジルの葉がとけて来てしまいます。

バジルの葉を洗って乾燥させ、入れ物の中に塩を振って冷凍すると長期間、保存ができます。

塩付けに冷凍になっているバジルの葉を使用する時は、水で洗って使用します。またバジルの風味も残っています。


バジルの花
バジル
撮影日時
2018年11月11日
BASIL【バジル】
科名シソ科【一年草】
別名スィートバシル
原産地熱帯アジア、アフリカ
草丈50cm 以上に育つ
初芽時期5月頃
イタリア料理には、欠かせないハーブで、高温多湿の日本でも良く育ちます。
葉は花が咲く前に収穫

バジル
バジル
撮影日時
2017年5月21日
酸性土壌は、2週間位前から、石灰等などで肥やしてから種を撒いています。

種まき4月中旬頃、温度が低いと発芽しないので、室内で栽培。

種を5粒位、ポット撒きにして植え付けした方がやりやすいでしょう。

上の写真では、シャベルを使用し、5、6本の苗を土壌からすくって、プランターに植え替えして、見た目が良くない苗は、間引きしています。

プランターの深さ15cm以上が好ましい。
株間25cm以上

肥料草丈3cm位になったら、速効性化成肥料を土壌の上に少量与えています。

追肥3週間に1回位で少量、土壌の上に化成肥料を置いて与えています。

病気、害虫予防木酢液などを水で薄めて、霧状にして葉に1日1回吹き付けて使用しています。

また、見た目が良くない葉などは、手で摘み取っています。

花が咲く前に収穫
草丈、20cm位になって、来ると白い花が咲いて来ます。

花が咲いてから葉を収穫すると、多少、風味が落ちてしまいます。

収穫時期6月~10月頃

6月頃、本葉8枚位になったら、先端を手で摘み取る。【敵芯】
脇芽が増えてくる。

本葉が成長したら再び先端から、手で摘み取る。

その他
真夏の暑い時期など、水切れに注意。
バジル
撮影日時
2017年6月15日


バシル

バシル、その他
撮影日時 撮影日時
2015年10月15日 2012年6月23日
矢印MEIL
Copyright(C)2005-2018 Lepardsiro All Rights Reserved.