▼ LINK
ほうれん草
撮影日時
2012年
4月26日
分葱、ほうれん草と、混植栽培

種蒔2012年3月中旬頃、草丈5cm前後

分葱【球根】と、ホウレン草をベランダで混植栽培。
ほうれん草
撮影日時
2012年
5月14日
種蒔2012年3月中旬頃、草丈5CMから15CM前後に成長。
ほうれん草
撮影日時
2016年
4月16日
路地栽培雑草と一緒に育ってしまいました。


ほうれん草(緑黄色野菜)西洋系、東洋系に分類される。ほうれん草の成分カロテン、鉄分、ビタミン 、その他。

家庭での栽培酸性の土に弱く寒さに強い。【土嬢酸度→PH7.0前後が最適】
厳寒の時期は甘味を増す。また生育が遅い。

連作障害【有】栽培難易度【簡】 種蒔の時期春、秋、発芽後の害虫に注意。ある程度、成長して込み合っている葉は間引く。

肥料化成肥料、その他、有機質肥料【土嬢の環境を良くする】また、土を酸化しないようにする肥料。

害虫、病気対策 ねぎ類の混植栽培が相性が良いそうです。
【分葱、万能葱、などプランターで栽培が可能。】ねぎの匂いで、害虫が近ずかない。また、病気予防、生育が良くなると言われています。

写真では木酢液【炭の匂いがする液体】を、水で薄めて本葉から散水しています。



下側の2012年5月14日写真は、分葱【球根】と、ホウレン草、ベランダで混植栽培。草丈5CMから、15CM前後に成長。

その他、家庭の庭などで、路地栽培すると、ナメクジに葉が食害されてしまう事があります。
LINK【ナメクジ駆除対策】


Companion Plants
ほうれん草
撮影日時
2012年4月26日
ほうれん草
【草丈5CM前後】
分葱【後】


Companion Plants
ほうれん草、分葱、トマト
撮影日時
2012年4月26日
ほうれん草【左】
【草丈5CM前後】


Companion Plants
混植栽培
撮影日時
2012年5月14日
分葱 【球根】と、ホウレン草、ベランダで混植栽培。草丈5CMから、15CM前後に成長。


Copyright(C)2005-2017 Lepardsiro All Rights Reserved.