ハイビスカス、鉢栽培
旗
写真をクリックすると拡大します。
hibiscusハイビスカス
撮影日時
2014年
6月29日
hibiscus ハイビスカス
撮影日時
2014年
6月29日
hibiscusハイビスカス
撮影日時
2016年
9月6日
毎朝、霧状にし本葉から農薬を水で薄めて撒布、また、木酢液を薄めて土壌に水やりしても、小さな害虫は、完全に駆除ができないです。
hibiscus ハイビスカス
撮影日時
2014年
8月21日
hibiscusハイビスカス
撮影日時
2014年
8月24日

害虫、病気対策

左の写真、黄色いハイビスカスの葉が調子が悪く、ウイルス病なのか、葉が一部分枯れています。

また、ハダニ見たいな小さな害虫が葉に付着する様になって来ました。

農薬【浸透移行性剤】を使用して土壌に農薬を撒いて使用しています。

また長い期間、同じ農薬を使用していると効果は減少してくるので、製造元が異なる殺虫殺菌剤を霧状にして葉に吹き付たりして使用しています。

効果は、良く小さな害虫は減少してきました。

水遣り
シャワー状にして勢いを付けて、本葉、蕾などに水を散水させると小さな害虫は、駆除が出来ます。

また本葉から水を如雨露で散水し、ハダニ見たいな小さな害虫を寄せ付けない様に木酢液などを使用。



2017年2月頃からは、本葉から水を散水し殺虫殺菌剤を本葉、蕾などに霧状にして、吹き付けています。


2015年春頃剪定、植え替えすると新芽が調子よく生育しています。

真夏の暑い時期
炎天下に当たる高温の場所、西日は避けて風の通りの良い場所で栽培。


2014年 涼しい秋の時期、まだ、ハイビスカスの葉、蕾などに小さな害虫が少し付着しています。


小さな害虫が葉などに付着すると、ウイルス病にかかりやすく土壌に【浸透移行性剤】を少量撒いています。

また見た目の良くない葉などは摘み取っています。

冬の寒い時期、室内で栽培していると本葉からの散水することが少く、害虫が付着しやすくなるのでしょう?

蕾など小さな害虫が付着しやすく、また冬の寒い時期など、水の与えすぎなどに注意。

強風対策
ベランダ栽培など強風など注意。

支柱など使用して強風でハイビスカスの鉢が倒れ無いように注意が必要です。
旗上にジャンプ
テキスト
MAIL
SAITMAP
テキスト
サイトマップ
ハイビスカス
撮影日時
2018年
10月14日
写真の黄色と赤いハイビスカスは、すべて同じ苗です。
黄色いハイビスカスは、苗が大きくなってしまい根元から二等分にして鉢を二つにして栽培しています。
撮影日時
2016年
7月15日
ハイビスカス
撮影日時
2015年
9月21日
ハイビスカス
霧状にして、本葉から毎朝、農薬を水で薄めて撒いています。状態は2014年3月頃より、かなり良くなって います。



撮影日時
2014年
7月18日
ハイビスカス
撮影日時
2014年
7月4日
ハイビスカス
Copyright(C)2005-2018Lepardsiro All Rights Reserved.