撮影日時:2012年1月2日

ボタンをクリックするとスクロールします。
ボタン
MENU
ハイビスカス【非耐寒性常緑樹】寒さが厳しい冬は、屋外で栽培すると枯れてしまいます。寒い時期は、日当たりの良い室内の暖かい場所で育てます。冬の寒い時期、日当たりの良い室内の暖かい場所で育そだてると、一年じゅう花が咲いています。

撮影日時:2012年6月7日
左の写真 赤いハイビスカスは、2011/12月【冬】鉢の土嬢から、約40CM位に暖かい室内ですべて、側枝の脇芽上から剪定。剪定してからの開花日数は、約5カ月位です。

撮影日時:2012年1月2日
左の写真黄色いハイビスカスは、2012年2月頃、土嬢から約80CM位に成長して、長く伸びている側枝だけを剪定。他の蕾がある枝は剪定いないで、冬でも暖かい室内で育てると、一年じゅう花が咲いています。
写真をクリックすると拡大します。
MAIL
SAITMAP
ハイビスカス【非耐寒性常緑樹】
別名【ブッソウゲ】アオイ科

開花期日本【標準 地】五月〜十月頃。

暖かい時期と暑い時期に、花弁が大きい綺麗な花が咲きます。一日経つと花は 咲き終 り、他の蕾から、また綺麗に大きく花が咲きます。咲き終わった花は、摘み取らないと花つきが悪くなってしまいます。また、暑い夏は、水切れに注意。

元肥
鉢の床底、五センチ位までは、石を敷き、小粒の赤玉土、腐葉土、発酵鶏糞、暖効性 化成肥料をまぜて、床底五センチ以上は、培養土を使用。真夏の暑い時期、日差しの強い西日が当たる場所は避けて、日の当たる風通しの良い場所のベランダで栽培。

追肥
花が咲く時期は、窒素、リン酸、カリ、わずかな水溶性 カルシウム、含んだ肥料など を追肥。また、花つきを良くするために、リン酸を少し多めに含んだ肥料などを使用。その他、醗酵鶏糞など。

剪定
夏頃、たくさん綺麗な花が咲いて蕾がなくなると、しばらくの間は花は咲かず、側枝 が成長しかなり伸びてきます。樹木全体の見栄えを良くするため側枝の脇芽の先を少し剪定すると、ある程度の日数が経過すると再び、綺麗な花が大きく咲き育ちます。

半年位の日数が経過すると、側枝が伸びて半年に1度位は剪定が必要で、側枝の脇芽の上から剪定します。

剪定した時期→八月

植え替え@
暖い時期、園芸店、などで、購入したハイビスカスなど、入れ物が小さい時は、なる べく早く植え替えた方が良いでしょう。成長して、根ずまりに、なりやすいので、少し大き目の鉢に植え替えると、一年位は植え替え不要です。

植え替えA
ハイビスカス【非耐寒性常緑樹】常緑樹の【マツ科】 鉢栽培など、大きく成長するの で、一年に一回位は、 植え替えが必要で、大きくしたくない場合は、三分の 一位に、根を切り落として、園芸店などで、購入した 培養土を、鉢の古い培養土と入れかえると、元気良く育 ちます。

植え替え時期→春、夏、初秋

害虫予防対策
木酢液、または農薬を週二回位に、水で薄めて本葉から霧状にして、撒水しています。

矮化剤→鉢花などの草丈を低くして見た目を良くする ための薬剤。
撒水などで、ある程度の日数が経過すると、薬剤が薄まり大きくなります。
Copyright(C)2005-2015 Lepardsiro All Rights Reserved.