雲

MENU
ハイビスカスハイビスカスハイビスカスハイビスカスハイビスカスハイビスカス

ハイビスカス
暖地では露地栽培が可能で、暖地以外では普通、鉢植えで栽培されています。

12月の冬の寒い時期、ハイビスカスは寒さに弱く屋外で育てると枯れてしまうので、室内の日当たりの良い場所で栽培して花が咲きました。

冬場の水遣りは、鉢の土壌が乾いて来たら本葉から鉢が溢れる位に3日に1回位の間隔で水遣りをしています。葉、茎、蕾など霧状にして水で吹き付けて、小さい害虫【ハダニ類】を駆除、または予防しています。


害虫対策【ハダニ類】
暖かい時期に小さな害虫の卵などが、葉、茎などに付着していたのか、真冬にハイビスカスを室内で栽培していると、蕾に小さな害虫が付着しています。

2日に一回位に葉、蕾などを水または環境にやさしい殺虫剤などを霧状にして葉、蕾などに吹きつけて害虫予防しています。

また、オルトラン粒剤なども土壌に撒いて害虫、ウイルス病などの病気予防して、見た目の良くない葉などは摘み取っています。



ハイビスカス
撮影日時
2011年7月12日
このハイビスカス苗は下の写真のハイビカスと同じ苗です。

矢印
ハイビスカス
撮影日時
2018年1月24日
2017年春頃から調子が落ちて本葉が大きく育たくなってしまいました。
ハイビスカス ハイビスカス
撮影日時 撮影日時
2017年12月20日 2017年12月21日
冬は、室内の日当たりの良い場所に鉢を置いています。
ハイビスカス ハイビスカス
撮影日時 撮影日時
2017年12月21日 2017年12月25日
ハイビスカスサイトマップ

Copyright(C)2005-2018 Lepardsiro All Rights Reserved.